バンダイ HG 1/144 量産型ザク(ガンダム サンダーボルト版)

HG 1/144 量産型ザク


サンボルすべて制覇しそうな勢いで今回はザクを製作します。

汚し塗装が下手なので練習も兼ねて汚し塗装をしたいと思います。

とりあえず仮組み。
サンボルザク仮組み
サンボルザク仮組み
サンボルザク仮組み
背面がボリュームありまくりです。

メタルパーツの埋め込みにも挑戦します。
なんかノズルっぽい部分。
メタルパーツの埋込
以前期間限定Tポイントの使いみちに困ったときに買ってあった手芸用のカシメ玉というものを使います。
カシメ玉
ピンバイスの細いので下穴を開けた後
メタルパーツの埋込
太いので穴を大きくします。
メタルパーツの埋込
カシメ玉を瞬着で埋め込みます。
メタルパーツの埋込
全部に埋め込むとこんな感じ。
おそまつな出来ですがやらないよりはかっこよくなったと思います。
メタルパーツの埋込

汚し塗装は剥がれ表現をしたいので下地として黒系パーツにはシルバーを塗っておきます。
下地処理
黒サフからのシルバー下地。
下地処理

腕部分は後ハメ加工ができなさそうだったので、合わせ目を消した後関節パーツを先に塗りました。
この後マスキングして外装パーツを塗りたいと思います。
合わせ目を考えた塗装

外装パーツは下地を濃い目のグレーで塗装。
下地処理

剥がし塗装用にケープスーパーハードを塗布します。
今回は直接塗るのではなく一度カップに出してエアブラシで塗るようにしました。
ケープスーパーハードをエアブラシで塗る
ケープを塗ると艶が出ます。
ケープを塗る
ある程度乾いてから上に水性塗料を塗りました。
剥がし塗装をする場合上に塗る塗料は水性が望ましいです。ラッカーだとうまく剥がれてくれません。
水性塗料はあまり持っていないので今回は白系で外装を塗装したいと思います。
ケープを塗る
ケープ層が厚すぎるのか乾いてないせいなのか分かりませんが水性塗料がひび割れてきます。

これなんてひどいです。
ケープによるひび割れ
乾燥不足ということにして塗装は一旦中止して1日寝かせたいと思います。

1日乾燥後、上色を塗りました。
上色塗装
やっぱりひび割れしちゃいます。
上色塗装
こっちはひどい。乾燥不足もあるんでしょうがケープの塗りすぎはよくないようです。
上色塗装

上色が乾いたら水を付けて筆で擦っていきます。
塗装剥がれ表現
塗装剥がれ表現
塗装剥がれ表現
塗装剥がれ表現
この辺でセンスが出ますね。
これだと擦れて塗装が剥がれたというより、錆びた感じになっています。
狙いとは違いますね・・・

一通り剥がしが完了したのでウォッシングに入ります。
ウォッシング
ウォッシング
ウォッシング
ウェザリングカラーのグレイッシュブラウンでウォッシングしました。
が、ちょっと薄いなーという感じだったのでステインブラウンで再ウォッシング。
ウォッシング
ちょっと何をやってるのか分からなくなってきました。
ウォッシングというより単なる色付けになってませんかね。一体なに汚れなんだという・・・

もう他に何をしていいのか分からないのでエッジにパステルでシャドウを塗って完成としたいと思います。

HG 1/144 量産型ザク
HG 1/144 量産型ザク
HG 1/144 量産型ザク
HG 1/144 量産型ザク
HG 1/144 量産型ザク
モノアイは付属ホイルシールを貼った後UVレジンでクリア化しました。
HG 1/144 量産型ザク
HG 1/144 量産型ザク
HG 1/144 量産型ザク
HG 1/144 量産型ザク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする