IMAI 1/12 ゴリラ ポリスタイプ


イマイのゴリラの製作レポートです。初のスケールモデルです。エアブラシの必要性を感じたいのでオール筆塗装でやってみたいと思います。
ミッション・オール筆塗装。・タンクを鏡面仕上げ、とは行かないまでもキレイに仕上げる。・ゲート跡等、表面処理をきちんとする。
まずはタイヤから。
タイヤのパーティングライン消し
タイヤには中央にパーティングラインが入っているので消します。スリックタイヤじゃないので処理が難しいです。ニッパーで千切るように取りました。完璧じゃないですがまあいいでしょう。タイヤのパーティングライン消し
処理完了。
メッキパーツ
このキットはメッキパーツが多いのですが、ゲート跡が気になるのでメッキは捨てます。
メッキパーツメッキを落とす
キッチンハイターでメッキを落とします。これ面白いですね。メッキを落とす
落ちました。
タイヤの処理タイヤウォッシング
ホイールを水性ホビーカラーのシルバーで塗装後、エナメルのブラックで軽くウォッシングをしました。分かりづらいですが、Webの製作レポートを見るとやりすぎに注意みたいな記述が多いので自重しています。
フレームへの取り付け
フレームに取り付けます。フレームは筆ムラがあまり残らないというエナメルを使ってみました。おもいっきりムラってます。私にはこれが限界です。
フレームへの取り付け
反対側。
次はマフラーの処理です。
マフラーのパーティングライン
マフラーにもパーティングラインがあるので消します。マフラーのパーティングライン
600番で削りました。この後800番1000番とかで平滑にしていくんですが面倒なので600番のみです。筆塗りなので問題ないでしょう。(どうせ厚塗りになってしまうので)
このキットほぼすべてのパーツにパーティングラインがあるのでその辺の処理をすべて先にやってしまいました。
パーツ処理
メッキもすべて落としました。塗装も全パーツ行ないました。
クランクケースの取り付けですが、、、パーツがうまくはまりません。クランクケース
黄色の丸部分は同じ大きさの穴じゃないと軸が上手く入りません。右側の穴が小さすぎです。こういうのをみるとバンダイのプラモってよくできてるなぁと感心します。
クランクケース
なにはともあれ取り付け完了。
エンジン
エンジンも取り付け。エンジンはゴールドでドライブラシしました。
経過
形になってきました。
リアキャリア&サス
キャリアとサスペンションを取り付けます。サスは下地にホビーカラーのシルバーでエナメルブラックで全面塗装後拭き取りです。マフラーも同じやり方です。リアキャリア&サス
いい感じじゃないでしょうか。
今回は多くの作例に見られるシートにリベットを打ちたいと思います。ピンバイスで穴あけ
ダイソー製の0.8mmピンバイスで穴を開けます。ここにあとで虫ピンを刺します。それにしてもシートの塗りムラがひどいです。
フェンダーとタンクの筆塗りです。
フェンダータンク
ムラがひどいです。画像で見るとそこまでではないのですが、肉眼で見るとそれはもう最悪です。(でもこれは自分にエアブラシに手を出させる決心をさせました。)
さすがに納得できないのでどうしようかと考えていたところ、ヤフオクでプロスプレーなるものを見つけました。Mk-1が500円で落とせそうだったので衝動落札。ブラシ部分は0.4mmの吸上式で評価はあまりよくないですが、何より安いのと新たにエラブラシを導入した場合でもサフ吹き等に使えるという点で損はないはずです。
プロスプレーが届くまでできることをやっておきます。デカールナンバーデカール
デカールを貼りました。水に漬けてもなかなか剥がれずに苦労します。キットが古いのでデカールも相当劣化しているのでしょうか。あとのデカールはタンクとサイドカバーなので塗装完了まで貼れません。ちなみにウィンカー等のランプ部分はシルバー下地にクリアーオレンジを重ねました。
ステップとシフトペダル
ステップとシフトペダルの接着。
キックペダルとブレーキ
キックペダルとブレーキペダルの接着。ちなみに今回の接着はすべて瞬間接着剤ゼリータイプで行なっています。
メーター
メーターの塗り分け。色は適当です・・・
そしてとうとうプロスプレーが届きました。仕事から帰ってきたら届いていました。あいにく雨が降っていて風もありましたが、我慢できずに使ってみました。プロスプレー
どうでしょう。ちょっと粒っぽいですが納得の仕上がりです。(オール筆塗装というミッションは失敗です)続けてフェンダーやタンクの白も調子に乗って塗りました。が、大失敗。室内での塗装はできないのでベランダでやりましたが、まあ暗い。光沢を出すためには塗料が垂れるか垂れないかくらいの微妙な加減が重要というのは情報としてあったので、それっぽくやってたのですが、作業を終えてライトでよく確認したらおもいっきり垂れてました。いやもう完全に垂れてました。写真撮ってる余裕もないほどあせってティッシュで拭きました。言うまでもなくひどいことになっているので今リカバリー方法を調査中です・・・エアブラシは晴れの日の昼間にやるという決意をしました。
そして水性塗料の落とし方ですが、調べたところMrカラーうすめ液というラッカー塗料用のうすめ液にドボンする、いわゆるシンナー風呂という方法があるようです。ただこの方法はある人によってはプラが溶けるだのいや溶けないだの情報が錯綜しています。また、マジックリンで洗うというやり方も見つけました。こっちは例え塗料が落とせなくてもパーツに被害はないのでこちらをとりあえず試してみることにしました。今後のことも考えてできるだけ安くリカバリーしたいです。
マジックリンの成分を見てみます。
液性:アルカリ性成分:界面活性剤(1% アルキルアミンオキシド)、泡調整剤、アルカリ剤ということです。
これに近いものを100均で探してみます。
セリアで見つけました。
代替マジックリン代替マジックリン
成分的にはかなり近いのでこれで洗ってみました。なるほど確かに落ちる。ただ洗剤の成分によって落ちているのか単に食器洗いスポンジのザラザラによってヤスリ効果で落ちているのかよくわかりませんでした。とにかく落ちたのでよしとします。
乾燥後よく見ると完全に落ちてないのでMrカラーうすめ液をティッシュに少し含んで拭いてみました。超落ちる。ドボンは怖いですがティッシュで拭くだけでも普通に落ちるのでこっちのほうがいいと思います。プラへのダメージもないように見えます。
タンク塗装
そして塗り直したのがこちら。右下のモールドが埋まっちゃいましたが、結構上手く塗れました。水性ホビーカラーは希釈なしで塗る。ということですが、私の場合希釈しないとつぶつぶになってしまうので 1:1位に薄めました。
乾くまで他の作業を進めます。
虫ピン
ダイソーで虫ピン(ピン針)を入手しました。これを先端で切ってリベットに見立てます。
虫ピン
そしてピンバイスで穴あけしたタンクに接着。タンクにリベット
ディテールアップできました。
シートにデカール
シートにデカールを貼ります。
フロント
フロント部分の組み立て。
ワイヤー
アクセルケーブル等ワイヤーが4本あるのですが、ワイヤーをはめる凸部分が太すぎてワイヤーがはまりません。デザインナイフでカンナがけしました。
ヘッドライト
ヘッドライト上のフレームは左右分割で真ん中で接着する方式です。接着後ヤスリましたが、プラの溶けが甘く接着自体が取れてしまうので溶接してあるという設定でそのままにしました。
クリアー塗装
タンクにクリアーを吹きました。水性ホビーカラーの上にMr.スーパークリアー光沢を拭いたのではじめは砂吹きです。今のところ下地は侵されていないようです。塗装前より光沢がなくなった感じがしますがどうなるのでしょうか。この後デカールを貼ってもう2,3回クリアーを吹きたいと思います。
フロント周り
フロント周りを組み立てました。
ケーブル
ケーブルの取り回し。
リア周り
リアの組み立て。
タンクデカール
タンクにデカールを貼ります。ここにラッカー系のMr.スーパークリアー光沢を吹きます。
IMAI 1/12 ゴリラ ポリスタイプ
あとはタンクとサイドカバーの完成を待つばかり。
最終工程のクリアー吹きです。
クリアー捨て吹き
2回ほどクリアーを捨て吹きしました。デカールへの侵食はないようです。クリアー吹き
1日置いて今度はヌラーっと吹きます。
クリアー吹き
サイドカバーも同様に。
鏡面仕上げに挑戦しようかとも思ったのですが、タンクピカピカのゴリラもないよなぁと思ったのでこれでフィニッシュとします。結構光沢も出てますしね。
完成!
1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ
1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ1/12 ゴリラ
スケールモデル楽しい!!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする